ぐんま暮らしポータル

ホーム > 新着情報 > 「田舎暮らしの本」掲載情報

「田舎暮らしの本」掲載情報

更新日:2017年12月04日

(株)宝島社が毎月3日に発売する「田舎暮らしの本」の1月号で、群馬県の嬬恋村と上野村が紹介されています。

巻頭特集「スーパーや医療機関に車で15分以内!別荘・リゾートで快適に暮らす」

移住者リポートとして、3ページにわたり嬬恋村に移住された前田さん夫妻の生活が紹介されています。

前田さん夫妻のお住まいがある地域では、年間1万円の自治会費で道路の補修や草刈りなどを行っていて、それ以外に1万円で近くの別荘管理会社が除雪なども行ってくれるそうです。

別荘地でのお金やお仕事のこと、移動手段や周辺での買い物や医療環境なども詳しく掲載されています。 

 

綴じ込み付録「いま注目の移住地ベスト30」

若者が集まる注目の移住地として、3ページにわたり上野村の記事が掲載されています。

上野村は、30年近くにわたり移住・定住対策に取り組んでいます。森林資源を活かして雇用の場を創出し、村営住宅や生活支援の充実に取り組んだことで若者の移住が増え、今では人口の約2割が移住者となるほど、移住者を歓迎している自治体です。

移住者が多いこの他の理由や、移住者のインタビュー記事も1月号で詳しく掲載されています。