ぐんま暮らしポータル

ホーム > トピックス > 比べてみよう!!群馬と東京(子育て編)

比べてみよう!!群馬と東京(子育て編)

更新日:2018年03月23日

国などが公表している様々な調査の結果をもとに、群馬と東京の違いを比べてみました!

本日は「子育て編」を紹介します!

◆全国平均(1.44人)を上回る出生率!

  群 馬 東 京
合計特殊出生率 1.48人 1.28人

(厚生労働省・人口動態統計・H28)

◆待機児童数は、ほとんどゼロ。

  群 馬 東 京
待機児童数 2人(全国10位) 8,479人(全国47位)

(厚生労働省・保育所等関連状況とりまとめ・H29.4.1)

◆保育所数、幼稚園数も東京に比べて多いので安心!

  群 馬 東 京
保育所数(0~5歳人口10万人あたり) 386.6(全国28位) 314.4(全国37位)
幼稚園数(3~5歳人口10万人あたり) 402.0(全国20位) 328.7(全国34位)

(総務省・統計でみる都道府県のすがた2017・H28)

◆保育園や幼稚園が充実しているから夫婦で共働きもしやすい!

  群 馬 東 京
夫婦の共働き率 51.0(全国11位) 44.0(全国37位)

(総務省・就業構造基本調査・H24)

◆その他にも・・・

◆関東一の「子育て県」!

 (ミキハウス子育て総研・「親目線による子育て満足度調査」・H29)

◆「イクメンオブザイヤー」、自治体として初受賞!

 (群馬県及び群馬県保育協議会が「イクメンオブザイヤー2017」部門賞を受賞)

◆前橋市「子育てしながら働ける環境」全国2位!

 (野村総合研究所調査・「都市の成長力ランキング」・H29)

 

比べてみよう!群馬と東京(H30.1)

「仕事編」の他にも、「経済編」、「子育て編」、「仕事編」、「暮らし編」など、群馬と東京を比較したデータがあります!

詳しくは下記をクリックしてダウンロードしてください。

比べてみよう!群馬と東京(H30.1)