ぐんま暮らしポータル

ホーム > ぐんま暮らしレポート(移住者紹介) > 伊勢崎市 山本秀人さん(50代)

伊勢崎市 山本秀人さん(50代)

伊勢崎市

名前 山本秀人さん
ふりがな やまもと ひでひと
年齢 50代
移住時期 2004年
現職業 会社員
趣味 ライブ鑑賞
前住所 神奈川県
出身地 神奈川県
同居家族 妻、ペット(犬3匹)

移住のきっかけ

会社の転勤で平塚事業所から伊勢崎工場に異動になったのがきっかけです。
転勤当初は賃貸住宅に住んでいましたが、仕事と年齢のことなどを考え、家を購入し伊勢崎市に定住することに決めました。

移住して良かったこと

神奈川県に住んでいた頃は、車でわずか5kmの距離でも、雨天時などは40分~45分位かかりました。
伊勢崎市は車社会であっても渋滞知らずで、どこにでも広い駐車場があり、とても便利です。
また大きな公園が多く、家の近くにもペットを連れて入れる公園があり、環境が整っています。

移住して困ったこと

私は一人っ子で、母が小田原市に残っています。
心配で頻繁に帰るようにしていますが、体力面がきついのと交通費もかかり大変です。
何かの時にすぐに帰れないのが気がかりです。
圏央道が開通し、かなり時間は短縮されましたが、物理的な距離をうめることはできないので、母とは連絡を密に取るように努力しています。

移住を考えている方へ

公共交通機関が弱く、車がないと不便です。
お酒を飲んだ後は代行車を呼ばないと帰れません。
また、冬の寒さと夏の暑さが厳しいです。
山から吹き降りるからっ風は、寒いというより痛い感じです。
夏、小田原市は海があり、暑ければ海で泳いだりして涼をとれましたが、こちらでは涼しいところを見つけるのが難しいです。
大型のショッピングモールなどもあるので、遊びながらクールシェアして過ごしています。