ぐんま暮らしポータル

ホーム > ぐんま暮らしレポート(移住者紹介) > 渋川市 小松崎直希さん(20代)

渋川市 小松崎直希さん(20代)

style04

名前 小松崎直希さん
ふりがな こまつざき なおき
年齢 20代
移住時期 2014年4月
現職業 会社員
趣味 ドライブ、スノーボード
前住所 茨城県
出身地 茨城県
同居家族 独り暮らし

移住のきっかけ

会社の配属先がたまたま群馬県の渋川市だったのが移住のきっかけです。
最初、渋川市が群馬県のどこにあるのかもわかりませんでした。
住み始めてみて、山があるので坂道が多いと思ったけど、暮らしやすいです。

移住して良かったこと

観光地が多い。
車があれば県内の観光地へ1時間くらいで行けるのは魅力です。
また、趣味がスノーボードなので、ウインタースポーツができる施設が近いのもうれしいです。
シーズン中は、週に2回、スノーボードに出かけています。
高速を使わなくても、50分もあれば、ゲレンデに到着するので、仕事が終わってから、ナイターへ行くこともあります。

移住して困ったこと

移住して困ったのは、暑さと寒さです。
この気象になれるまで、時間がかかりました。
寒暖の差が大きく何度か体調を崩したこともありました。

移住を考えている方へ

知らない場所で生活をする上で、大事だなと思ったのは、趣味を見つけて楽しみを増やしていくことです。
そうすると、充実した日々を送ることができると思います。
アウトドアスポーツに興味があるなら、群馬県は絶好の場です。
おいしいご飯を食べ歩くのもお勧めです。
僕は、県内各地のラーメン店に出かけています。
すでに、渋川市でおいしいラーメン屋を見つけましたよ。