ぐんま暮らしポータル

ホーム > ぐんま暮らしレポート(移住者紹介) > 富岡市 諸恵美子さん(40代)

富岡市 諸恵美子さん(40代)

style05

名前 諸恵美子さん
ふりがな もろ えみこ
年齢 40代
移住時期 2015年
現職業 地域おこし協力隊
趣味 旅行
前住所 千葉県
出身地 東京都
同居家族 独り暮らし

移住のきっかけ

東京都出身ですが、沖縄県に17年ほど住んでいた経験から、住みやすさを比較すると都市部より地方の方が住みやすい実感がありました。
「地域おこし協力隊」という制度を知り、富岡市が協力隊の募集をしていたことから隊員に応募し、採用されたため移住しました。

移住して良かったこと

富岡市地域おこし協力隊として活動し、仕事のやりがいを感じています。
沖縄とは違い、隣の県とは地続きなのでドライブがてら旅行しやすく楽しめます。
また東京(実家)へのアクセスも良いので、帰省しやすいです。

移住して困ったこと

移り住むには仕事も見つけなければなりませんでしたので、「地域おこし協力隊」制度を知るまでは、ハローワークに行くなどして地方の求人状況の確認をしていました。
生活水準を保つような求人情報を入手することは困難でしたし、求人の応募をしてもその地域に住んでいないこともあり、書類審査で不採用になることがほとんどでした。
移住希望場所が絞り込めたら、自治体の行っている移住体験制度などを利用してプチ滞在したり、旅行をするなどして、現地を訪ねてみることをオススメします。
その地域の散策や地域住民との会話、また地域にあるスーパーに行って販売されている商品の価格を確認するなどして(物価調査)、自身の移住場所に適しているかどうかを体感すると、起業も含め仕事をして生活できるかどうかの予想が立てやすくなると思います。

移住を考えている方へ

昆虫が大の苦手なので、梅雨時期から初秋までは怖い思いをたくさんしました。
ただ、昆虫の命は短いし時期が来ればいなくなる、と言い聞かせて、昆虫を避けながら生活していました。
昆虫が大好きな人には良い場所だと思います。
カブトムシやセミは、捕まえに行かなくても住宅の廊下に飛んできます。私のように苦手な方は……時期ものなので耐えてください。