ぐんま暮らしポータル

ホーム > ぐんま暮らしレポート(移住者紹介) > 上野村 小池銀太さん(30代)

上野村 小池銀太さん(30代)

style08

名前 小池銀太さん
ふりがな こいけ ぎんた
年齢 30代
移住時期 2011年
現職業 上野村農業協同組合職員
趣味 スノーボード、旅行
前住所 神奈川県
出身地 東京都
同居家族 独り暮らし

移住のきっかけ

きっかけは友人から上野村の特産品「猪豚」を教えてもらったことでした。
もともと学生時代畜産分野を専攻していたこと、そして「猪豚」という日本でオンリーワンの食材を是非扱ってみたいと思い転職、そして移住を決意しました。

移住して良かったこと

一番は環境面です。
近隣にコンビニやスーパーがないことは確かに不便ではありますが、それに代えられないほどの自然が上野村には多くあります。
やはりきれいな空気と山々の緑は、都会には決してない素晴らしさだと感じます。
また、伊香保や富岡製糸場など全国的に有名な観光地、更にはスキー場も群馬には多くあるので、観光や趣味のスノーボードと、とても充実した休日を過ごしています。

移住して困ったこと

一番は給与面の問題です。
私自身大きく給与が減りました。
もちろん上野村の定住政策のおかげで支出は少なく済みます。
しかし自分自身の消費行動の癖はなかなか抜けず苦労しました。
移住を考えている方は移住後の収入、支出の双方をしっかり想定した方が良いと思います。

移住を考えている方へ

一般的にご家族(奥様や地元の両親)の同意など乗り越えなくてはいけないことも多くあると思います。
移住となるとどうしても夢ばかりが大きくなってしまいがちですが、新しい職場での給料や移住先の方たちとのお付き合いなど、現実を直視して検討した方が良いと思います。