ぐんま暮らしポータル

ホーム > ぐんま暮らしレポート(移住者紹介) > 片品村 星野勝一さん(30代)

片品村 星野勝一さん(30代)

style14

名前 星野勝一さん
ふりがな ほしの しょういち
年齢 30代
移住時期 2010年
現職業 農家
趣味 スキー、ゴルフ
前住所 東京都
出身地 群馬県
同居家族 妻、子ども3人

移住のきっかけ

東京都で暮らしていましたが、子どもと家族のこれからを考えたときに、都会でずっと生活するよりは田舎の方がいいと思いました。
私が小さい頃は山や川に行って遊ぶのが当たり前だったし、休みの日にはスキーしたりという実体験があったので、子どもにも自分と同じような環境で育ってほしかったからです。
長男の小学校入学をきっかけに、実家のある片品村に戻りました。

移住して良かったこと

農家のやりがいを見つけたことです。
昔から「農業をやれ」と言われて育ちましたが、若いうちは嫌で、東京でPC関連の仕事をしていました。
だんだん全てをPC上で行う仕事がだんだんリアルに感じられなくなってきて、面白くなくなっていました。
しかし農業は全てがリアル。
作物の出来が良ければ褒められるし、収入にも直結します。
お金の価値にも気付くことができました。

移住して困ったこと

子どもの進学や就職を考えると不利なところはあると思います。
だけど最終的には本人が何をしたいか、何を目指すかです。
本当にやりたいことがあるなら、不利な状況を自分の手で変えていくことによって強い人間になると思います。

移住を考えている方へ

田舎にいても都会とあまり変わらない情報を得ることはできるので、バランスを保って生活するとよいと思います。