ぐんま暮らしポータル

ホーム > ぐんま暮らしレポート(移住者紹介) > 中之条町 星野博美さん(30代)

中之条町 星野博美さん(30代)

中之条町 星野博美さん(30代)

名前 星野博美さん
ふりがな ほしの ひろみ
年齢 30代
移住時期 2009年
職業・主な活動等 アーティスト・農業パート
前住所 神奈川県
出身地 愛知県

半年ほどの予定が、かれこれ7年。
季節の巡りの素晴らしさを知る毎日です。

中之条ビエンナーレに携わりたい
その思いを抱え、中之条町へ

中之条町では2年に1度、「中之条ビエンナーレ」が開かれています。
これは、温泉街や木造校舎など町内各所で国内外のアーティストによるアート展示やパフォーマンス、ワークショップが開催されているもので、2007年に始まったこの芸術祭にアーティストとして参加したことが、星野博美さんと中之条町の出会いとなりました。
2年後の2009年には町で募集したビエンナーレ事務局の嘱託職員に応募。
星野さんはビエンナーレが終わるまで半年ほどの滞在のつもりで、中之条町にやってきたといいます。
愛知県出身、上京して美大卒業後、働きながら創作活動を続けていたところにきた誘いでした。

「まだビエンナーレに何ができるか未知だったと思いますが、それでもこの町は応援してくれていました。私は美術活動に携わりたいという思いから中之条に来ましたが、アルバイト感覚で、まさかこんなに長く暮らす事になるとは」と星野さんは振り返ります。
中之条ビエンナーレ2009が幕を閉じた後も有志スタッフとして携わることにして、星野さんは中之条町に住み続けました。
「かれこれ7年になります」と笑います。

農家で働きながら、創作活動
地元の人の何気ない言葉から季節を知る

ウドやキュウリ、ショウガ、白菜、冬は乾燥いもなど、農作業を手伝いながら中之条町で創作活動を続けている星野さん。
この地で天気や季節の巡りによって表情を変える里山の風景の素晴らしさを知ったといいます。
「農作業の10時休みに土手の桑の木を見て『葉がこんなに若けえんだものまだ霜が降りらぁやぁ』と話している。農家の視点が新鮮で私はそんな言葉をメモしスケッチをする。そんな生活をしているうちにビエンナーレの準備が始まる時期になる」。
これが7年の滞在につながった理由です。

中之条暮らしで感じたのは、新しい人を受け入れる下地があるということ。
「だからこそビエンナーレの開催も、私みたいなよそ者が住み着くことも受け入れてもらえた」と星野さん。
「三代前からいる家が地元でそれ以外はよその人だからと笑って話す方がいました。たぶん中之条ジョーク? プライドもあるけどユーモアがある人ばかり」と話します。

ビエンナーレを通して町に関わってきたため、土地の記憶を知ることから人がつながり作品が生まれるのを見てきたという星野さん。
「住人も客もアーティストもおのおのの価値観のまま新しい何かに出会えるのがビエンナーレの魅力と思い携わっていました。地域アートプロジェクトが育つ土地は移住もしやすいのかもしれませんね」。