富岡市の主な移住・定住支援策

第3子以降保育所(園)保育料無料化、幼稚園保育料補助事業

対象世帯

  • 市内に住所を有していること
  • 同一世帯(父又は母)で18歳未満の児童を3人以上扶養していること
  • 所得税又は市民税の申告をしていること
  • 保育料に滞納がないこと

内容

第3子以降の保育料(利用者負担額)は無料

お問い合わせ先

こども課こども育成係 電話:0274-62-1511(内1163)

出産祝品

対象者

市内に住所を設定した出生子の保護者

内容

富岡産シルクの「おくるみ」を贈呈

お問い合わせ先

市民課 窓口係 電話:0274-62-1511(内1114)

子ども医療費無料化

対象者

中学校卒業までの子どもの医療費(入院・外来ともに)について無料化を実施。(群馬県内の市町村で一律実施)

お問い合わせ先

国保年金課 国保係 電話:0274-62-1511(内1155)

不妊治療費助成事業

対象者

特定不妊治療・一般不妊治療をしている人
(夫若しくは妻のいずれか一方が1年以上住民登録をしており、医療保険加入者で市税の滞納がない人)

内容

 自己負担額の1/2以内で年額20万円(特定不妊治療については、県の助成額を減じた額の1/2以内で年額20万円)。申請は1年度につき1回、通算5年を限度。

お問い合わせ先

健康推進課 保健推進係
保健センター 電話:0274-64-1901

不育症治療助成事業

対象者

専門医で不育症治療をしている人
(夫若しくは妻のいずれか一方が1年以上前から富岡市に住民登録をしており、医療保険加入者で市税の滞納がない人)

内容

自己負担額の1/2以内で年額20万円。申請は1年度につき1回、通算5年を限度。

お問い合わせ先

健康推進課 保健推進係
保健センター 電話:0274-64-1901

学校給食費の補助

対象世帯

〈次の全てに該当する方〉

  • 市内に住所を有していること(補助対象となる保護者及び児童生徒)。
  • 同一保護者が18歳に達する以後の最初の3月31日に達するまでの間にある者を3人以上養育している場合で、そのうちの出生の早いものから順に数えて、2人目以降の子どもが小中学校に在籍していること。
  • 給食費の滞納がないこと。

内容

2人目以降の子どもを対象に給食費の補助
 市内小中学校在籍…学校給食費
 市外小中学校在籍…給食費相当額

お問い合わせ先

学校給食センター 電話:0274-62-1504

若者人材確保支援奨励金

対象者

就職1年目

  • 就職の時点で、30歳以下であること
  • 市内の中小企業に、正社員として勤務していること
  • 同一企業の就業期間が、9カ月を経過していること
  • 申請の時点で富岡市民であること
  • 申請者及び世帯員全員に市税等の滞納がないこと

内容

5万円を交付

お問い合わせ先

産業振興課 電話:0274-62-1511

移住定住促進奨励金

対象者

移住者・・市外から転入し市内に家を取得した世帯(過去5年の期間に住民登録されてないこと)
 定住者・・移住者に該当しない世帯で、夫婦共に申請日の属する年度の初日において45歳以下の世帯又はひとり親世帯(45歳以下の父親又は母親と、中学生以下の子からなる世帯)

対象になる家

新築住宅及び中古住宅及び空き家住宅とし、床面積の合計が50㎡以上。併用住宅の場合は、居住部分の床面積が50㎡以上。

奨励金額

移住者 基本額 移住者一世帯あたり住宅取得価格の3%(上限40万円)
加算額 夫婦とも45歳以下の世帯 +30万円
子供(中学生以下)1人当たり +10万円
夫婦のうちどちらか及び単身者はその本人が市内事業所に勤務している者 +10万円
市内建築業者施工 +10万円
定住者 基本額 住宅取得価格の3%(上限30万円)
加算額 市内建築業者施工 +10万円

※ 移住奨励金上限100万円、定住奨励金上限40万円
※ どちらの奨励金も基本額のうち、10万円は、商品券で交付

お問い合わせ先

産業振興課 電話:0274-62-1511(内1213・1214・1215)

空き家改修資金補助金

対象者

改修工事
  空き家の所有権又は空き家の改修工事を行う権利を有する者(法人を除く)で改修後に10年以上定住する意思がある者又は改修後に10年以上定住する者に賃貸する意思のある者。

地域活性化改修工事
  空き家の所有権又は空き家の改修工事を行う権利を有する者(法人を含む)で改修工事後建物を10年以上維持管理及び運営ができる者。 

内容

 空き家の機能復元若しくは向上又は地域活性化に資する用途にするために行う改修工事で市内業者が施工し改修工事に要する費用が20万円以上の工事。

補助率
 改修工事 費用の3分の1以内(限度額30万円ただし街なみ環境整備促進区域内は40万円)。
 地域活性化改修工事 費用の3分の1以内(限度額100万円)。
改修工事と合せて耐震補強工事をした場合は耐震補強工事費の2分の1以内(限度額100万円)が加算されます。

お問い合わせ先

建築課住宅係 電話:0274-62-1511(内1444)

市営住宅紹介

対象者等

富岡市のホームページをご覧ください。
http://www.city.tomioka.lg.jp/

お問い合わせ先

群馬県住宅供給公社富岡支所 電話:0274-64-9801

住宅用新エネルギー機器設置補助金(太陽熱利用システム)

対象者

  • 自ら居住する既築住宅等に機器を設置する人。
  • 市民又は市民になることが確実であると認められる人。
  • 機器の設置工事を当該年度中に完了することができる人。
  • 世帯の全員が市税(国民健康保険税を含む)を滞納していない人。

内容

温室効果ガスの削減に配慮し、環境負荷の少ないクリーンエネルギーの普及促進を図るため、太陽エネルギーを利用した機器の設置費用を補助する。
太陽熱利用システムの購入及び据付工事に係る経費の10%を補助。
強制循環型は4万円、自然循環型は2万円が上限。

お問い合わせ先

環境課 電話:0274-62-2823(清掃センター内)

家庭用生ごみ処理機の補助

対象者

  • 生ごみ処理機を適切に維持管理できる人。
  • 市内に住所を有し、過去5年以内にこの補助金の交付を受けていない世帯。

内容

生ごみの減量及び環境問題に対する意識の向上を図るための制度。
生ごみ処理機(1世帯につき1台)と生ごみ処理容器(1世帯につき1組(本体2基と微生物菌2袋))の経費の2分の1を補助。
生ごみ処理機は15,000円、生ごみ処理容器1,500円が上限。

お問い合わせ先

環境課 電話:0274-62-2823(清掃センター内)

市民農園

対象者

市内在住の人(農家の人を除く)

内容

農家から農地を借りて市民の皆さんに土や緑とふれあい、野菜作りの楽しみと収穫の喜びを体験してもらえる市民農園を、市内に4カ所開設。

  • 富岡(28区画)
  • 一ノ宮(48区画)
  • 高瀬(41区画)
  • 妙義(12区画)

使用料
  3,000円(1区画/年)

お問い合わせ先

農政課 農業振興係 電話:0274-62-1511(内2132)

富岡市まちなか移住体験住宅

対象者

富岡市外にお住まいで富岡市への移住・二地域居住を検討している方

内容

本市に移住及び二拠点生活を希望する者に対し、一定期間、市内の風土や日常生活を体験できる機会を提供するため、まちなか移住体験住宅を貸し出す。

お問い合わせ先

地域づくり課 地域づくり係 電話:0274-62-1511(内線1253)

市内高校生対象まちづくり講座:TOMIOKA MEDIA LAB

対象者

市内に在住か在学の高校生

内容

地域課題の解決に向けた提案や実践をすることで、将来、社会に出てからも必要な「考える力」や「コミュニケーション能力」、「実践力」を養う。さらに、地域の人と関わることで、地域社会に関する知識・関心を深め、自分の暮らす地域に関心を持たせ、地域への愛着及びシビックプライドの醸成につなげる。

お問い合わせ先

地域づくり課 地域づくり係 電話:0274-62-1511(内線1253)

首都圏在住者向けセミナーの開催

対象者

首都圏在住で富岡に関心がある人

内容

TURNSカフェとみおかの開催
 首都圏在住の20・30代を対象に、富岡市の仕事、暮らし等をテーマにワールドカフェを首都圏で実施し、富岡市の情報発信を行う。

お問い合わせ先

地域づくり課 地域づくり係 電話:0274-62-1511(内線1253)

首都圏在住者の保護者向けセミナーの開催

対象者

首都圏在住の子を持つ保護者

内容

保護者をはじめ、地域関係者に正確な情報提供と関心をもってもらうため、「定住者を増やすために必要なことは何か」、「学生たちが富岡に帰ってくるために必要なこととは」等、課題解決型セミナーを開催する。

お問い合わせ先

地域づくり課 地域づくり係 電話:0274-62-1511(内線1253)

未来の教室

対象者

市内在学の中学生

内容

市内の中学生を対象に、地域住民(センパイ)との対話を通じて、未来への自発性や意欲を日常の行動に結びつけることを目指した人材育成プログラムを実施する。

お問い合わせ先

地域づくり課 地域づくり係 電話:0274-62-1511(内線1253)