【ぐんま滞在の様子バックナンバー】アーティスト・イン・レジデンス

小島知恵さん

令和2年11月3日[滞在初日]
鬼石に到着しました~
アーティスト仲間と製作や暮らしの時間共有できること楽しみです!
気分は修学旅行!

 
令和2年11月4日[滞在2日目]
少しづつ制作開始しました。
家から連れてきた不思議な生き物達も古民家に少しづつ着地中です。

 
令和2年11月7日8日[滞在5日目、6日目]
紙粘土で作る立体壁画
【キノコを生やそうワークショップ】
土日はワークショップをおこないました。
紙粘土でキノコを作り、壁をデコレーションしていきます。
 
親子連れ2組大人4名
ご参加下さいました!
最初は子供が夢中になって、次第に大人が真剣に作りはじめてと、
休み休みですが二日間にわたる参加者との共同制作。
これから色つけなどして今週末のお披露目会で公開しますのでお楽しみに!

 

 
令和2年11月9日[滞在7日目]
展示会参加アーティストみんなでたこ焼きパーティー。
普段は話さない、深い制作への思いや心身のケアなど話題は尽きず。
そしてこの作品とこうしたらかわいいとかコラボ制作が生まれたりします。
 
仲間と滞在しながら制作できていること、滞在場所が心地よいこと、時間にゆとりがあること
などなど奇跡の条件が揃ったことで制作スイッチが入っております!
 
自分達の作品が飾られたこのお家がどんどん好きになってきました〜

 
令和2年11月10日(火)[滞在8日目]
コラボ作品滞在誕生!
 
以前からコラボしたかった
Qyun candle(きゅんきゃんどる)さんとのコラボ作品が出来上がりました。
 
今年に入ってから動物型のキャンドルが作りたいという話をQyun candleさんとしていました。
イベント会場で話はでても、制作のペースやお互いの作業内容を把握できているわけではないのでなかなか制作に踏み切れずにいましたが、今回ついに実現しました!
 
まず私が紙粘土で動物の型を制作。
出来上がった紙粘土の型を元に次はQyun candleさんがキャンドル用の型を制作。
さらにその型にキャンドルの材料を流し込み、整えて完成!
 
一緒に制作ができたことでスムーズに完成させることができました!
火をつける前に今は完成をお祝いしております。

 
 

 

平塚直登さん

令和2年11月3日[滞在初日]
製作道具を搬入後、
鬼ROCKがおこなわれた会場十一屋へ。
「かんな秋のアート祭り」に遊びに行ってきました。地域の方や地元のアーティストと交流して良い感じの滑り出しです!

 
令和2年11月4日[滞在2日目]
2日目です。
制作物や道具など山の様な荷物が搬入されました。
まずは生活環境を自分たち好みに整えて制作に集中できる環境作りおこなっています。
 
令和2年11月7日8日[滞在5日目、6日目]
テントサウナワークショップ
土日の二日間はオープンデイという事で、普段フェス出店の際に設置している、テントサウナを設置し、体験していただきました。
 
テントに薪ストーブを設置。
ストーブ上部に鬼石の有名なパワーストーンである【三波石】を置いて熱し、充分に温まった所にアロマ水をかけて蒸気を発生させます。
いわゆるロウリュウサウナをテント内に再現しています。
 
古民家のリノベーションで出る建築廃材を利用し、ゴミが減り循環!
 
今回は長丁場の制作合宿。
夜間の作業や慣れない環境で疲れも溜まります。
 
そんな時にサウナで心と体を整えておく事で制作への活力や鋭気が養われます。
 
今週末土日も天候次第ではありますがテントサウナ設置しておく予定ですので、体験したい方はご一報ください!
 
また薪をご提供くださる方いらっしゃいましたら是非ご一報ください!
 
令和2年11月9日[滞在7日目]
週末はサウナに入ってリフレッシュしました。
頭と体がスッキリしたところで作品制作に取り掛かっています。
 
出来上がった作品はひとまず居間や共有スペースに飾り付けしています。
だんだんと家全体が自分達の空間になってきました。
 
写真は流木や自然物を使ったランプです。
 
木の温もりが感じられる古民家には、自然物を使った作品がハマってきます。
 
滞在も後半戦。
展示に向けて制作頑張ります!

 
令和2年11月10日(火)[滞在8日目]
One Cushion のさとし君が鬼石に到着!
これでアーティスト全員が揃いました。
まずは作業場作りという事でお互いの作品を飾りながら作業スペースを確保。
 
フェスのデコレーションなどでコラボすることが多いさとし君とは作品の相性もバッチリであっという間に作業スペース完成!
 
ここから良い作品生み出していきたいと思います。
 
みんな揃ったところでウェルカムたこ焼きパーティー!
こういう時間がある事で制作も楽しく進んでいきます!

 
 

[アーティスト・イン・レジデンスについてはこちら]