ぐんま暮らしポータル

ホーム > 市町村情報 > 吉岡町

吉岡町

yoshioka

吉岡町は、面積20.46平方キロと県内でも3番目に小さい町です。町の人口は2万人に達し、増加の傾向はしばらく続くと予測されています。

赤城・榛名の山並みも美しく、のどかな田園風景が残る緑豊かな町は、吉岡バイパスや利根川に架かる上毛大橋の開通を契機に、大型商業施設をはじめ幹線道路沿いの開発が一気に加速しました。沿道利用型施設の立地は、これからも益々増えていくと予想されます。

また、道路網の整備も進んでおり、前橋・高崎の近郊都市としての利便性が益々向上し、吉岡町の将来に魅力を感じて新しく移り住む人が増えています。

こんな町です!

  1. 「子育てするなら吉岡町」を合言葉に保育料の軽減等を行っており、子育て世代も安心して暮らせます。
  2. 交通網の発展により、アクセスの良さから住みやすい町として注目を集めています。

基本情報

人口 21,080人
面積 20.46平方キロメートル
首都圏からの
アクセス
自動車
 関越道練馬インター~駒寄インター 約60分
 駒寄インターを降りて吉岡町役場まで 約5分
鉄道
 東京駅~高崎駅(JR北陸新幹線) 57分
 高崎駅~群馬総社駅(JR上越線) 15分
市町村内の
アクセス
路線バス
 バス路線図
保育・教育施設
(※1、※2、※3)
認定こども園 1
認可保育所 5
幼稚園 0
小学校 2
中学校 1
高等学校 0
医療・福祉施設
(※4)
病院 1
診療所 15
歯科診療所 9
高齢者福祉施設等 群馬県高齢者福祉施設等

※1 認定こども園は、H29.4.1時点(群馬県HP
※2 認可保育所は、H29.4.1時点(群馬県HP
※3 幼稚園、小学校、中学校、高等学校は、H29.5.1時点(学校基本統計
※4 病院・診療所・歯科診療所は、H30.1.31時点(群馬県HP

担当窓口 吉岡町 総務政策課 政策室
電話 0279-54-3111(代表)
Eメール seisaku@town.yoshioka.gunma.jp
ホームページ http://www.town.yoshioka.gunma.jp/index.html

主な移住・定住支援策

乳幼児・小中学生等の医療費無料化

対象者

中学校3年生まで
(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで。)

内容

子どもの医療保険自己負担分が無料になる制度です。

お問い合わせ先

健康福祉課 保険室 電話:0279-26-2249

チャイルドシート購入補助

対象者

購入日に6歳未満のお子さんを養育し、申請日に吉岡町内に住所を有している方。(ただし、購入から1年以内に申請し、町税を滞納していない方に限る。)

内容

安全基準を満たすチャイルドシートの購入価格(消費税含む)の2分の1(千円未満切捨、上限8,000円)を補助する制度です。

お問い合わせ先

町民生活課 生活環境室 電話:0279-26-2243

産前・産後サポート事業

対象者

町内に住所のある産前1ヶ月から産後1年までの妊産婦
(双子など多胎の場合は、産前2ヶ月前から産後1年までの妊産婦)
家事・育児を手伝う家族がいない妊産婦

内容

家事援助(通常的な食事の準備、後片付け、洗濯、掃除等)
育児援助(授乳、おむつ交換、沐浴介助等)

【利用時間】
午前9時から午後6時まで(1日2時間までの利用)

【利用料金】
3回目までは無料、4回目以降は1回1,700円。
(最大30回まで)(多胎の場合は最大60回まで)

お問い合わせ先

健康福祉課こども福祉室 電話:0279-26-2248

学校給食費補助

対象者

町内の小中学校に通う児童・生徒

内容

1人当たり1月950円を補助する制度です。

お問い合わせ先

教育委員会事務局 学校教育室 給食センター 電話:0279-54-3225

吉岡町高校生等公共交通通学支援事業

対象者

町内在住で、バスや鉄道の通学定期券を購入して高等学校等に通学する生徒等の保護者。(ただし、町税を滞納していない方に限る。)

内容

同一名義の定期券購入費が1ヶ月あたり7,000円以上の場合、1ヶ月あたり1,000円を補助する制度です。

お問い合わせ先

総務政策課 政策室 電話:0279-26-2241

勤労者住宅資金利子補給事業

対象者

住宅建設資金などの融資を受けて、町内に自己用の専用住宅を新築または購入した給与所得者(サラリーマン)を対象に利子補給を行います。

内容

対象金額は融資を受けた額のうち1,000万円までとし、1.0%までの利子補給額を限度に1年間受けられます。

お問い合わせ先

産業建設課 産業振興室 電話:0279-26-2280

情報はございません。

情報はございません。

ぐんま暮らしレポート(移住者紹介)

南雲有理子さん