大泉町

OIZUMI

  • タウン暮らし

群馬県の東南に位置し、地形は平坦。群馬県で一番小さな町だが、北関東でも屈指の製造品出荷額を誇る一方、美しい都市景観を持つ町でもある。

基本情報はこちら

人口 住民基本台帳
面積 18.03平方キロメートル
首都圏からのアクセス 自動車 東北自動車道~館林IC~大泉町
館林ICから大泉町まで 約30分
鉄道 ①東京駅~(JR上野東京ライン)~久喜~(東武伊勢崎線)~館林駅~(東武小泉線)~西小泉駅 約120分
②東京駅~(JR上野東京ライン)~熊谷駅 約75分
 熊谷駅~(バス)~西小泉駅 約45分
高速バス 日本中央バス
関東自動車(株)
千葉交通(株)
市町村内のアクセス 路線バス 広域公共バス「あおぞら」
デマンドバス 高齢者デマンド交通運行事業
保育・教育施設 認定こども園 群馬県HP
認可保育所
幼稚園 学校基本統計(第2表を参照)
小学校
中学校
高等学校
医療・福祉施設 病院 群馬県統合型医療情報システム
診療所
歯科診療所
高齢者福祉施設等 群馬県高齢者福祉施設等

多文化共生施策に力を入れる、小さなまち。

面積は県内で最小ながら、基幹産業である電機・自動車関連企業が数多く立地しており、北関東屈指の製造品出荷額を誇る町です。町の中心部を通る「いずみ緑道」をはじめ、町内に数多く整備された公園には緑が溢れています。また、人口の約18%を外国人が占めており、国際色豊かな町としても知られています。南は利根川を挟んで埼玉県と隣接しており、都心部へ通勤する人も多いです。

大泉町

大泉町

ここがスゴイ!

活発な企業活動が多くの就労機会を創出。
また、妊娠から出産、保育まで切れ目のない支援により、仕事と子育ての両立が可能。

ほかにもこんなサポート

大泉町サポート一覧

紹介動画

大泉町紹介動画一覧

移住に関するガイドブック

大泉町ハンドブック

移住を検討する方々に向け、既に大泉町へ移住をした方のインタビューや町の概要、取組などを紹介しております。